身近に感じる環境問題はなに?

地球の温暖化がじわじわと進んでいるように感じています

身近に感じる環境問題はなに?
地球の温暖化がじわじわと進んでいるように感じています。
私が子どもの頃は25℃でも暑いと感じていました。
夏に25℃を超える日はほとんどなかったと思います。
でも今の時代は25℃で涼しく感じられるものです。
人によっては長袖を着てしまうほど寒く感じられると思います。
私の住んでいる地域では真夏となると毎日35℃を超えてしまうので、子ども時代とは全く気温が違ってきていることを実感しているところです。
これによって地球の温暖化が進んできていることが分かります。
異常気象という言葉が用いられますが、日本だけではなく、世界中で様々な異常気象による災害が起きていることをニュースでよく見ます。自然災害はどうすることもできません。避けることができないからこそ、今のうちからコツコツとできることをしておかないといけないような気がしています。
地球温暖化をストップさせるために森林伐採をやめたり、車をなるべく使わないようにしたりといったことくらいしか思いつきませんが、みんなで少しずつ改善していきたいものです。

身近に感じる環境問題は、地球温暖化です

身近に感じる環境問題は、地球温暖化です。
近年は、昔に比べて気温が高くなっているように感じます。
昔の夏は、暑くて大変くらいにしか感じませんでしたが、近頃は体調が悪くなるほどの暑さのときがあります。冷房をつけても効かなかったり、気持ち悪いほどの暑さだったりと、昔からは考えられないほどの気温上昇です。

冬も、昔に比べると暖かくなったように感じます。11月ともなれば、昔は長袖を着て衣替えをし、早いときにはコートを羽織っていたこともあります。
でも、今年は11月になってもまだ半袖で過ごす日もあります。日中の気温は25度を超える日もあり、一番過ごしやすい季節のような気がします。
オゾン層の破壊や二酸化炭素の増加は、ニュースで見て大変だなあと思うだけです。

でも、気温上昇は肌で感じるのです。
昔に比べて自分の身体が衰えただけかもしれませんが、地球の温度は確実に上がっているように思うので、やはり地球温暖化は一番身近な環境問題です。